小動物より細胞の数が多い大型動物が癌になりにくいという「ピートのパラドックス」。それはなぜなのかという仮説を解説

話題の記事の見出しをチェック

小太郎ぶろぐ 様の更新記事より、 『小動物より細胞の数が多い大型動物が癌になりにくいという「ピートのパラドックス」。それはなぜなのかという仮説を解説 』 をご紹介しております。

更新時間:2020-03-18 12:06:00
出典元:小太郎ぶろぐ 様
小動物に比べて大型動物は細胞の数が圧倒的に多いにもかかわらず、癌になる細胞は予想以上に少ない。「ピートのパラドックス」と呼ばれるこの生物学的逆説について、2つの主要な仮説を解説した映像。腫瘍抑制遺伝子、ハイパー腫瘍、どちらが主な理由であっても、それを研究することで人間の癌治療にも大きく役立ちそう。
  • 後で見る

2ch まとめ

雑談、生活、おもしろ~世界情勢まで。世間を賑わす2chの本日の注目記事を日々更新中

>
18:37
  • 後で読む
14:40
  • 後で読む
12:08
  • 後で読む
11:45
  • 後で読む
10:45
  • 後で読む
10:43
  • 後で読む
10:00
  • 後で読む
09:00
  • 後で読む
01:10
  • 後で読む
23:27
  • 後で読む
17:24
  • 後で読む
13:09
  • 後で読む
23:52
  • 後で読む
22:34
  • 後で読む
18:09
  • 後で読む