【すごE】『ドラゴンボール』がペルーで人気すぎて”子供の名前”が大変なことにwww

話題の記事の見出しをチェック

ブラブラブラウジング 様の更新記事より、 『【すごE】『ドラゴンボール』がペルーで人気すぎて”子供の名前”が大変なことにwww 』 をご紹介しております。

更新時間:2017-12-13 02:30:12
出典元:ブラブラブラウジング 様
オヌヌメ: 【悲報】はじめの一歩ガチで終了 リングで昇天。会長のジジイ「終わったのじゃ・・・」 1: ドラゴンボールから命名、ペルーに多数 「フリーザ」も 2017年12月12日19時23分 朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASKDC4WTVKDCUHBI015.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000077-asahi-int 「ゴハン」「クリリン」「ピッコロ」――。日本の人気アニメ「ドラゴンボール」の登場人物にちなんで名前を名付けられた人が、南米ペルーに500人以上いることが同国政府機関のまとめで明らかになった。ドラゴンボールは世界各地で放映され、ペルーでは最も人気のあるテレビアニメの一つ。地元メディアは「信じられないことだ」と日本アニメの影響力の大きさを報じている。 国民の出生や婚姻を受け付けるペルーの全国身分登録事務所が5日、発表した。最も多かったドラゴンボールの登場人物名は、主人公「孫悟空」の長男・悟飯の「ゴハン」で、169人。2番目が、どんな願いでもかなえてくれる「神龍(シェンロン)」から取ったとみられる「シェン」で114人。一方、主人公の「ゴクウ」は2人だけだった。 他にも「クリリン」12人、「ピッコロ」4人、「ベジータ」2人、「フリーザ」1人などで、ドラゴンボール由来とみられる名前は27種類に上った。ペルー紙レプブリカは「信じられないことだが、この人気アニメに関係する名を持つ人が、我が国には何人もいる」と報じた。 ドラゴンボールは世界各地で放映され、中南米でもスペイン語やポルトガル語に翻訳されて繰り返し放送されている。各国メディアによると、アルゼンチンやチリ、ブラジルでも登場人物にちなんで名付けられた人がいるという。 中南米ではキリスト教の聖人に由来する名が多いが、人気サッカー選手にあやかった名も珍しくない。ペルーでは日系人のアルベルト・フジモリ氏が大統領だった90年代、フジモリ氏の長女や次男にちなんで「ケイコ」「ケンジ」と名付けられた人もいた。(サンパウロ=田村剛) 続きを読む
  • 後で見る

2ch まとめ

雑談、生活、おもしろ~世界情勢まで。世間を賑わす2chの本日の注目記事を日々更新中

>
05:22
  • 後で読む
04:22
  • 後で読む
03:22
  • 後で読む
02:22
  • 後で読む
01:22
  • 後で読む
00:00
  • 後で読む
22:00
  • 後で読む
20:00
  • 後で読む
18:00
  • 後で読む
15:00
  • 後で読む
12:10
  • 後で読む
12:00
  • 後で読む
11:21
  • 後で読む
10:21
  • 後で読む
09:00
  • 後で読む