殺人島に葬られた、「難破船バタヴィア号の惨劇」の生存者5人の遺体が発掘され、事件の真相が徐々に明らかに(オーストラリア)

話題の記事の見出しをチェック

カラパイア 様の更新記事より、 『殺人島に葬られた、「難破船バタヴィア号の惨劇」の生存者5人の遺体が発掘され、事件の真相が徐々に明らかに(オーストラリア) 』 をご紹介しております。

更新時間:2017-12-13 20:30:43
出典元:カラパイア 様
ジャンル:2chまとめ / 世界・衝撃
 商船「バタヴィア号」は、オランダ東インド会社の船団の1隻として1628年、オランダからインドネシアに向かっていた。  ところが1629年にオーストラリア西海岸沖60キロの海に浮かぶサンゴ島で座礁した。船内では座礁する前から権力争いが行われていた。  ノンフィクション小説にもなった「難破船バタヴィア号の惨劇」はこうしてはじまる。  船の名簿に記載されていた341名のうち、難破で60人が死亡。280人の生存者は無人島であるビーコン島に逃げのびたと言われている。  ところが島でも生存者らは血みどろの争いを続けていた。以降、ビーコン島は”殺人島や”バタヴィア号の墓場””という異名で呼ばれるようになった。  今年11月、当時の生存者である5人の遺体が新たに共同墓地から発掘された。これは事件の真相を突き止めるために現在行われている発掘調査の最新の成果だ。 続きを読む
  • 後で見る
出典元:カラパイア 様

2ch まとめ

雑談、生活、おもしろ~世界情勢まで。世間を賑わす2chの本日の注目記事を日々更新中

>
02:22
  • 後で読む
01:22
  • 後で読む
00:00
  • 後で読む
23:52
  • 後で読む
23:22
  • 後で読む
22:22
  • 後で読む
22:00
  • 後で読む
20:00
  • 後で読む
18:00
  • 後で読む
15:00
  • 後で読む
07:10
  • 後で読む
06:30
  • 後で読む
06:00
  • 後で読む
23:00
  • 後で読む
22:17
  • 後で読む