里子に出された猫、元家族をたずねて19km。折角再会できたのに、施設送りにされ安楽死寸前に(アメリカ)

話題の記事の見出しをチェック

カラパイア 様の更新記事より、 『里子に出された猫、元家族をたずねて19km。折角再会できたのに、施設送りにされ安楽死寸前に(アメリカ) 』 をご紹介しております。

更新時間:2018-04-23 11:30:50
出典元:カラパイア 様
ジャンル:2chまとめ / 世界・衝撃
image credit:Facebook  犬は最初に飼ってくれた家族のことを決して忘れない(関連記事)なんて話もあるが、猫だってやっぱり最初に飼ってくれた家族が恋しいようだ。猫は家につくと言われているので、もしかしたら最初の「家」が恋しかったのかもしれない。  アメリカ・ノースカロライナ州にあるSPCA(動物虐待防止協会)がフェイスブックでシェアした猫のトビーの物語が大きな反響を呼んでいる。  始まりは「これ以上飼えない」と、トビーが里子に出されたことだった。  元家族のもとを離れ、新しい家族と新しい生活をすることになったトビーだが、どうしても元家族(元家)のことが忘れられなかった。  だから新しい家族のもとを飛び出し、元家まで約19kmの道のりを必死に歩いた。猫の歩幅と行動範囲からするとこれはかなりの大冒険である。 続きを読む
  • 後で見る
出典元:カラパイア 様

2ch まとめ

雑談、生活、おもしろ~世界情勢まで。世間を賑わす2chの本日の注目記事を日々更新中

>
04:10
  • 後で読む
04:00
  • 後で読む
03:40
  • 後で読む
03:20
  • 後で読む
03:10
  • 後で読む
00:05
  • 後で読む
22:52
  • 後で読む
21:19
  • 後で読む
21:05
  • 後で読む
19:28
  • 後で読む
18:05
  • 後で読む
15:05
  • 後で読む
12:05
  • 後で読む
12:00
  • 後で読む
23:22
  • 後で読む